【学び論】vol.22 出来ごとの良し悪しは自分で決められる

こんばんは、渡辺です。

前回のコラムでは、朝の習慣と夜の習慣について書かせていただきました。私が書きたかった事は、私の習慣というよりも、本に書かれていることを素直に行動したことで良い結果が生まれるようになったということです。

 

■本は批判的に読め、ということが、読書術の本などを読むとよく書かれています。これはこれで正しいとは思うのですが、それも読み手のレベルにもよると思うのです。ある分野について知識や経験の乏しい人が「批判的に」本を読むとどうなるか。自分の狭い枠の中でしか本の内容をとらえられなくなるのではないでしょうか。

十分な知識も見識もあった上であれば、批判的に読むことで思考力が増すとは思いますが、まだまだ自分が未熟なうちは、本は「素直に、肯定的に読む」方がいいと思っています。

ある分野について、まずはオープンマインドですべてを受け入れようと読む。それが10冊20冊と重なってくるとだんだんと自分なりの見解や考え方が生まれて来て、「批判的」に読めるようになってきます。でも、まずは素直に読むところから。

 

■朝の習慣、夜の習慣も、私が不眠で悩んでいたこともあって、佐藤伝さんの本を素直に受け入れました。結構スピリチュアル的な内容もあったりするので、批判的に読もうと思えば読めるのですが、まずはそのまま取り入れようと思ったのです。その結果、質の良い睡眠が得られました。本には、自分の悩み事や困っていることの答えが書いてあります。迷ったり悩んだりしたら、まずは本を読む。それで解決することも決して少なくはありません。

 

■いろいろなところで書かれているのですでに何を読んで学んだのかは覚えていないのですが、私の基本的な考えの一つに「人生に起こることに、意味はない」ということがあります。自分自身の身に起こる出来事というのは、性質的にはニュートラルで、良くも悪くもない。その出来事に対して「良い意味付け」をすれば良い事になるし、「悪い意味付け」をすれば悪い事になる。物事の良しあしは、それ自体にあるのではなくて、自分自身で決めるのだということです。

これについては批判的に読もうと思えばいくらでも批判が出てきそうです。でも、私は言葉そのままに受け取りました。それ以来、人生がとても楽になったのです。

良いか悪いかは自分が決める。

であれば、すべての物事に対して「良い意味付け」をすれば、この世は良いことだらけになります。これは、単純な楽観主義ということではなく、何度も書いていることですが、「どんなに辛い事でも苦しい事でも、辛い事であればあるほど、苦しいことであればあるほど、大きな学びになる」ということです。

一見ネガティブな出来事に対していかに良い意味付けをできるか。それが、人生の学びを大きくし、豊かさを決めるのだと思います。

オンライン動画講座の詳細はこちら