【学び論】vol.28 投資をするために「目標」を持つ

こんばんは、渡辺です。

以前のコラムで、お金の使い方、時間の使い方には「投資」と「消費」と「浪費」があると書きました。自分の人生をより良くしたいと思ったら、間違いなく、「浪費」を「投資」に回す必要があります。

例えば、電車の中でダラダラスマホゲームをやる代わりに本を読む時間にする、

ごろごろ寝ている代わりにストレッチをしたり運動をしたりする、

ジャンクフードを食べる代わりに野菜や魚の定食を食べる、

上司の愚痴を言い合うだけの飲み会の代わりに、建設的な考えを出し合う飲み会にする、

などが挙げられますね。

 

■あるものを持つことで「浪費」を「投資」にすることが各段に簡単になります。それは、明確な「ビジョン」を持つこと。「将来、○○をやりたい、○○になりたい」ではなく(これは、「夢」です)、前回のコラムで紹介した3名の作文のように、将来あるべき姿を明確な「ビジョン」として持つのです。そして、その「ビジョン」からより具体的な「目標」を立てる。目標が具体的であればあるほど、潜在意識が働き、あらゆる行動を「そっちの方向」に向かって誘導してくれるようになります。

逆に、明確なビジョンや具体的な目標がないと、どうしてもダラダラと過ごしてしまいます。目標がないから潜在意識も自分自身をどちらに向けていいかわからず、同じ場所をぐるぐるしてしまうからです。

車でもボートでも自転車でも、目的とする場所があるから前に進むのであって、どこに行くのか決めず適当に動かしていたら近所をぐるぐるしているだけということはありませんか?私たちの意識もそれと同じです。

「浪費」を減らして「投資」を増やす、そして人生をより良い方向に向けていきたいと思ったら、まずは「目標」を持ちましょう。

オンライン動画講座の詳細はこちら