【学び論】vol.30 負荷を楽しめるか

こんばんは、渡辺です。

私が一番好きなミュージシャンは玉置浩二さんです。この人のは、なかなかにエキセントリックな言動も多かったですし、好き嫌いが分かれると思いますが、人間的には嫌いでも
音楽性だけは認めざるを得ない、という人もまた多いのですね。

少なくても言えるのは天賦の才能があるとはいえ、このレベルまで達するには相当な努力をしてきたことは間違いないだろうということ。

結果を出している芸能人というのは、歌手であれ、お笑い芸人であれ、俳優であれ、私たちの想像を絶するような努力をしてきています。これまたアンチも多いでしょうが、AKBグループやジャニーズも間違いなく私たちよりも努力をしているでしょう。

スポーツ選手もそうですね。

彼らがなぜここまで必死になって努力をするか。それは、一部の大成功を収めた人は別として、努力をやめた瞬間、収入が途絶える、ということが分かっているからではないでしょうか。結果がすべての世界に生きている人は、結果が出なければ収入もない。そんな厳しい世界に生きているのです。

 

■ひるがえって、私たち一般的社会人(という呼び方が適切かどうかはわかりませんが、いわゆる会社員や公務員、教員、自営業者など)は同じような努力をしているでしょうか?

充分な結果が出なくてもとりあえず「給料」という形で生活出来るぐらいの収入は得られる。その状況に甘えてはいないでしょうか?

経済が右肩上がりで成長していた時代と違って、今は何もしなくても毎年基本給が自動的に上がっていく、などということはありません(あっても微々たるもの)。であれば、もし今以上に給料が欲しいのなら、常に、「今自分が提供できる価値」以上の仕事をする必要があるのです。

「今自分が提供できる価値」の仕事しかしないのであれば、いつまでも同じ場所に居続けることになります。

 

■当然、「今自分が提供できる価値」以上の仕事をしようと思ったら自分に負荷がかかります。その負荷を楽しめるかどうか。そこが勝負をわけます。

そのためには、「自己成長」に対する強烈なモチベーションが必要。

では、どうしたら「強烈なモチベーション」を持てるのか。

キーワードは「ギラギラ」「ワクワク」「恐怖感」です。長くなるので次回に続けます。

オンライン動画講座の詳細はこちら